アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Tennis News File
ブログ紹介
テニス大好き主婦の、テニス漬けなブログです!
4大大会など国際大会のニュース引用中心。
zoom RSS

史上最長試合決着!

2010/06/25 11:16


ワールドカップサッカーですっかり盛り上がっていますが
ウインブルドンも、1回戦から、すごいことになっています。
多くの選手が、すでに2回戦を闘っているなかで、まだ1回戦を
3日がかりで闘っている選手たちがいます。
長身の米国選手イズナーと、予選勝ち上がりのフランス人選手、マウー。
11時間を超す死闘に、昨夜、ようやく決着がついたようです。

  John Isner vs Nicolas Mahut  6-4、3-6、6-7、7-6、70-68


第5セットは、なんと 70−68
これって、テニスのスコアじゃないですね。
まるで、バスケットみたい。

トータルゲーム数183
テニス史上に残る試合、この試合で12のギネス記録が生まれたという。
こんな記録、なかなか破ることはできないでしょうね。
それにしても、闘った二人、ほんとにお疲れ様でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


5度目の全仏優勝そしてナダルの涙

2010/06/07 11:58


今年の全仏オープンは、とても面白くて感動的な試合がいっぱいでした。
前半は、伊達さんや錦織くんの大活躍だったし
後半に入ってからは、ストーサーが、エナンやセレナなどを倒して盛り上がったし。
ソダリングがフェデラーを倒しちゃったのは、ちょっと残念だったかな。
ナダルVSフェデラーが観たかったから。

でも、決勝戦のナダルVSソダリングもなかなかの好カードでしたね。
ナダルファンとしては、正直なところ、決勝の相手がソダリングというのは不気味でしたが。
昨年、膝を痛めていたとはいえ、準決勝でコテンパンにやられちゃったから。
決勝戦も楽しみだったけど、最初の1セットとるまでは、ほんとにドキドキでした。

1セットとってからのナダルは余裕がでてきたのか、さらにパワーアップし
ソダリングのワイドにきれていくリターンにも、上から打ちおろすようなショットにも
走って走って走りまわって拾いまくる。
時に起死回生のカウンターショットを浴びせてウィナーをとってしまう。
ディフェンス力のすごさにも驚きだったけど、ピンチにもチャンスにも
集中力を欠かすことなく、常に目の前の一球一球に全力投入するあの姿勢がまたすごかった。
以前からナダルのディフェンス力と集中力には目を見張るものがあると思っていたけど
今回、さらにまた痛感。

それにしても、試合後のナダルの号泣。
よほど嬉しかったのでしょうね。
昨年膝や腹筋の怪我で、思うようにプレーができず
初めて全仏で屈辱を味わい、ウインブルドン欠場
一時はランクも3位まで落ち
その上、私生活では両親の離婚・・・
悪いことは重なるもので、ほんとうにつらい時間だったのでしょう。
辛さを乗り越えての勝利だからこその涙。
見ているこちらにも、熱いものが込み上げてきて、もらい泣きしてしまいました。

今回の優勝で、フェデラーを抜き、ランク1位に返り咲くらしい。
膝の調子も、プレーの調子もよさそうなので
この分なら、次のウインブルドン、全米での活躍も期待できそう。
こんどこそ、フェデラーVSナダル、夢の対決を再び実現させてほしい。

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


2010全仏女子シングルスはスキアボーネ!

2010/06/07 11:24


当初は、エナン、セレナ、ヤンコビッチをやぶったストーサーが本命かと思っていたのですが・・
実際、ストーサーのパワーとスピードあふれる、サーブやストロークには目をみはるものがあったし。
昨年の全仏でもベスト4になっているし。
あのころから、男子並みのプレーをするストーサーに注目していました。

でも、今回のスキアボーネは、すごかった!!
サーブもリターンもすごかったけど、なによりあのすばやいフットワーク
迷いなくネットに出てきて、確実に決めるボレー
力むことなく、基本に忠実に、落ち着いて決めたボレーも印象的でした。

スキアボーネの応援団もすごかったですね。
イタリアから車でかけつけたという多くの友人たち。
たくさんの仲間に慕われていて、きっと人柄もいいんだろうなぁって。
優勝が決まると、女性も男性も涙を流しながら祝福して。
そんな様子をみてたら、自分まで涙がウルウルしてきちゃった。

ほんとに感動的な試合でした。。
今回の大会、素晴らしい試合がいっぱいだったけど
この試合もまちがいなくそのひとつ。

それにしても、スキアボーネって男前ですね。
筋肉質な体型だけでなく、歩き方といいハスキーな声といい。
性格もさっぱりしてそうだし。
でも、ひらひら白のスカートよりも、パンツを穿いたほうが似合いそう。
ウインブルドンでは、ぜひかっこいいパンツにしてほしいな!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今度はマレーが泣いた!

2010/01/31 22:57


昨年の全豪オープンでは、ナダルに破れた
フェデラーが泣いたけれど
今年は、フェデラーに破れたマレーが、悔し涙を流しました。
そして、フェデラーのスピーチでは、
「素晴らしいプレーだった。いつかきっとグランドスラムのタイトルをとれるときがやってくる。」
とマレーを褒め励ましました。
今年は昨年のナダルの立場にフェデラーが再びたったというわけですね。

今回の決勝は、最初からマレーを応援してたけど
やはり、フェデラーは強い!
ここぞというときに、強烈なサーブが入る。
女子の決勝戦でもそうだったけど、やはりサーブ力というのは
大きな力になるんですね〜
エナンもラリーでは負けてなかったと思うんだけど、
サーブ力の差が大きかったですね。
全仏では、エナンやナダルの活躍に期待したい。
あっ、そうそう忘れてならないのは、錦織くん。
彼の活躍もぜひとも期待したい!がんばって!!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ナダル棄権!

2010/01/27 00:43



全豪オープン、ナダル膝の痛みのため途中棄権。
久しぶりのグランドスラム優勝を期待していただけに、残念!
でも、無理して膝を悪化させてしまってもいけないから
賢明な判断だったのでしょうね。
しばらく休養して、膝を治し、今度のグランドスラム全仏では
ぜひとも優勝してほしい!!

それにしても、マレーのプレーはものすごかった。
どこに打たれても、素早く追いついてしまう、
それも、下手なリターンじゃなくて、
コートサイドぎりぎりのところにボールが落ちたり。
アウトかなとおもっても、入ってたりと
なにか神がかってた感じ。
このままの調子でいったら、今年の全豪は、マレーが優勝しちゃうかも。。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2009年を振り返って

2009/12/23 16:45


来年こそは、ナダルに活躍してほしいね!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


杉山愛、今季限りで引退を表明!

2009/09/10 22:19


テニスの杉山愛(Ai Sugiyama)が9日、2009シーズン限りで現役を引退する意向を固めた。今シーズンの杉山は不調が続き、世界ランキングも低迷していた。

 全米オープンテニス(The US Open Tennis Championships 2009)女子シングルス1回戦で敗退した杉山は試合後、NHKに対して来シーズンの見通しが立っていないことを明かしていた。

 NHKによると、杉山の現役最後の試合は東レ・パンパシフィック・オープン(Toray Pan Pacific Open 2009)になるという。・・・・・・・・・
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


シングルスではランキング下がってても、ダブルスではまだまだ上位にいるのだし
あの躍動感あふれるダブルスの試合が見られなくなるのは、残念な気もします。

子どもを産みたいから35歳をめどに・・・と、今朝の新聞に書いてありました。
これからは、きっとまた新たな道を切り開いていかれることでしょう。

長い間、ほんとうにごくろうさまでした!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


双子ちゃん!

2009/08/13 20:53


双子ちゃん、可愛いね〜♡♡







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ロディック無念!

2009/07/07 10:39


フェデラーは5-7、7-6、7-6、3-6、16-14でロディックを下し、
グランドスラムではピート・サンプラス氏を上回り史上最多となる通算15度目、
ウィンブルドンでは通算6度目となる優勝を果たした。
******************************

決勝戦始まるまでは、フェデラーがあっさりと勝つのではとおもっていた。
ロディックがここまでやれるとはおもってなかったし、
それに、グランドスラム、とくにウインブルドンではナダル以外の選手に
フェデラーが負ける姿を想像できなかったから。

ところが、今回のロディック、本当に強かった。
これまでは、どちらかというとサーブだけに頼ってるというイメージがあったのだけど
昨日のロディックは、ストロークもボレーもドロップショットもさえわたり
それに感情的になることもなく、淡々とプレーをし続け、ミスもほんとに少なかった。
ただ、2度だけ集中力が切れてしまった場面があった。
それが、第2セットのタイブレーク 6−2 セットポイントの場面
あと1ポイントとれば2セット連取で、フェデラーにもプレシャーがかかっていたことだろうし
もしかしたら勝負の行方はかわっていたかもしれない。
それと、最終セット 14−15 の場面。
それまで一度もブレークを許していなかったロディックだったけど
ここにきてついに集中力がきれてしまったようだった。
反対にフェデラーは、絶体絶命のピンチにも動じず
そういうときにこそ、ますます集中力を高めてるようだった。
第2セットのタイブレーク然り。最後のセット然り。
ここぞというときに集中し、自分の一番いいプレーができるということが
王者たる所以なのだろう。

今までロディックのこと、あまり好きな選手じゃなかったし
始まるまではどちらかといえばフェデラー応援だったのだけど
試合が始まってから、いつの間にかロディックを応援してた。
今回ばかりはフェデラーでなく、ロディックに勝たせてあげたかった。。
あの全力のプレーをみてると自然とそうおもえてきた
同じように感じた人は少なくなかったようだ。

わずか一球のミスが、ほんの一瞬の気持ちの途切れが
勝負を分けてしまう・・スポーツというのはある意味残酷なものだなぁ。
試合後の茫然としたロディックの姿がなんとも痛々しかったけど
気持ちをたてなおして、全米でもまたがんばってほしい。

もちろん、ナダルや圭君にも。。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


フェデラー全仏オープン初優勝 、生涯グランドスラム達成!

2009/06/09 11:37



悲願の全仏初優勝、おめでとう!!
さすが、フェデラー、ここ一番の集中力はやはりすごいですね。
これまでの試合では、アンフォースドエラーが目立ったり
ファーストサーブのミスも多かったりで、セットを落とすこともあったのに。
決勝戦では、サーブのコースも威力も、確率もこれまでのなかで最高!
リターンも確実で、あのソダーリングの強力フォアハンドを最後まで炸裂させることなく
封じ込めてしまいました。
第2セットこそ6−6までいったものの、タイブレークに入ってからの
フェデラーのサーブはますます威力とコースがさえわたってました。
終わってみれば、3−0 の圧勝。
これまで、フェレール、ナダル、ゴンザレスと、破ってきたソダーリングには
まるでなにかが憑いているかのようだったけど
この日は、フェデラーのほうに、何かが憑いているかのようでした。
クレーでこれほど強いフェデラーなら、ナダルともおもしろい試合になるのかも。
例年は決勝戦ではぜひまた、ナダルVSフェデラー実現してほしい。

フェデラー、表彰式ではまた涙を流していましたね。
なかなかとれなかった全仏タイトルだから、感激もひとしおだったのでしょうね。
全豪表彰式での、悔しい涙とはちがって、うれしい涙は、みていていいものです。

女子のほうは、サフィーナがまたしても、崩れてしまって。
まったく一方的な展開で、あっけなかった。
プロでも、やはりメンタルコントロ−ルは難しいのかなぁ。
技術や闘争心だけでなく、メンタル面の強さというのも勝つためには不可欠なのですね。

ところで、4回戦で惜しくも敗退したナダルなんだけど
全仏始まる前からすでに、持病の膝が悪化していたようです。
すでに、ウインブルドン前哨戦クイーンズ欠場は決まっているようですが
もしかしたら、ウインブルドンも出られないかもしれないとのこと。
たしか、今日明日あたりに結果がでるらしいけど。
どうなるのかな。心配だな。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


いよいよ決勝戦!

2009/06/06 16:12
全仏オープンテニスもいよいよ大詰め。
今夜は女子シングルス、明日は男子シングルスの決勝戦。

準決勝の段階で、男子世界ランクNo2のフェデラーと女子No1のサフィーナこそは残っていたものの、そのほか上位No4までの選手はことごとく敗退してしまった。
事前の予想は裏切られ、期待していた選手や観たいと思っていた対戦も実現しなかった。
オーストラリアのドキッチやセルビアのイバノビッチも敗退あるいは怪我により棄権。
ジョコビッチも、あのクレーコート無敵のナダルでさえも・・
そんな中で、女子30シードのサマンサ・ストーサーと
若手のアザレンカやシルステアの活躍はめざましかった。
ストーサーとえば、ダブルス選手というイメージなのだけど
今回、シングルスでも大活躍で、あの強烈なサーブとストロークは魅力的。
アザレンカはNo1のサフィーナとほとんど対等に戦っていたし
シルステアもあの若さで、ベスト8まで勝ち上がってきたのはすばらしく
これからもきっと活躍していくことだろう。

男子ではもちろん、意外だったのは、ソダーリングの活躍、それにナダルのベスト8前敗退。
ソダーリングはランクも20位台だし、これまで対ナダルにも完敗といっていいくらいに
負けている。
それが、今回ものすごい力強く且つまた正確なストローク、サーブも確実。
それにミスをしない。ほとんど神がかっているかのよう。
どうしてこれほど強くなったのか、ほんとに不思議!


ところで、今回のローランギャロス、クレーコートにしては、ハードコートみたいに
球足がはやくなってるようで
これは、ナダルに負けてほしい、フェデラーに優勝してほしいと願う
フランス側の陰謀ではないかと勘ぐってしまう。
ナダルの敗因、対戦相手のソダーリングのパワフルなプレー
ナダル自身の不調(膝の状態がよくなかった・・)
いろいろあると思うけど、今回のコートコンディションの影響も無きにしも非ずだと思える。

こうなったら、あとはもうフェデラーになんとしても優勝してもらって
生涯グランドスラム達成してもらいたい。
でも、へたにフェデラー優勝!なんて予想を書いたりすると
また、外れる結果になりそうなので、予想はしないでおこう。
というか、相手のソダーリング、ナダルに勝った後も、信じられないプレー
つづけているので、フェデラー危ないかも。

日ごろから評判のよくないソダーリングだから、
フェデラーの生涯グランドスラムを阻むヒール役なんて
ぴったりなのかも。
それでも、きのうの対ゴンザレス戦みるかぎりでは
ゴンザレスがたびたび線審の判定にしつこいくらいクレームをつけていたのに対して
ソダーリングのほうは、、審判にクレームをつけることなく落ち着いてプレーしていたという印象がある。
ちょっと、今までのいやなやつというイメージとちがう。
もしかして、強くなってきて、人間的にも少し成長してきたのかも。
それだったら、これからもきっと良いプレーヤーになっていくだろうし
応援もしようと思うけど
でも、明日だけは、フェデラーに勝たないでほしい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2009全仏オープン

2009/05/29 00:32
今週初めからいよいよローランギャロス、全仏オープンが始まりました。

ラファエル・ナダル、現在ローランギャロス、30連勝中。
とうとう歴代の記録を更新しました。
果たして、今年の全仏優勝は誰になるのか。
ナダルの5連覇なるか。
はたまた、ロジャー・フェデラーが生涯グランドスラム達成するのか。
どちらが優勝するにしても、大記録になることに違いはないのですが。。
他にも、このところ急速に力をつけてきた、英国のアンディー・マレーや
ランキングが3位から4位になったとはいえ、このところ好調のセルビア出身、ノバク・ジョコビッチなど、強敵はたくさん。
いまところ、みな順調に勝ち上がってきているようだけど、
決勝戦は、やはりナダルVSフェデラーでお願いしたい。

女子は、今回10カ月ぶりに復活した、ロシアのマリア・シャラポアや
昨年の全仏優勝以来、不審に喘いでいたセルビアのアナ・イバノビッチ
全豪オープンで、素晴らしい活躍を見せたオーストラリアのエレナ・ドキッチなど
話題の選手が勝ち上がってきていて、これからの試合も楽しみ。
自分としては、イバノビッチにぜひがんばってほしいし
全豪の試合をみて感動して以来ファンになった、ドキッチにもやはり
がんばって勝ち残ってほしい。
でも、今のところ、NO1のサフィーナが絶好調なので、順当にいけば
やはり決勝戦にはサフィーナがあがってくるのではないかな。

日本勢については、残念ながら、錦織圭は怪我のため欠場、
伊達公子もやはり怪我のため途中棄権
杉山愛と森田あゆみは、1回戦敗退となってしまいました。
錦織は、先日、痛めた肘が疲労骨折していたことがわかり
全英オープンも欠場とのこと。
残念だけど、しっかりと怪我を治し、体を鍛え直してから
全米オープンで復活を遂げてほしいとおもいます。
杉山愛は、シングルス敗退となってしまったけれど
まだ得意のダブルスが残っているので、今回もまた
決勝戦まで残って、ぜひ、優勝していただきたい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


フェデラーが泣いた!

2009/02/03 12:25


再び夢の対決!!
始まる前は、自分も大方の予想と同じく、
準決勝で5時間14分もの激戦を闘ったナダルは、体力的にも
回復がむずかしく、中2日休養をとっており、後半にかけて調子をあげてきているフェデラーが有利かとおもっていたのだけど・・
結果は、7−5、3−6、7−6、3−6、6−2  でナダルの勝利。

金曜の夜にあれほどものすごい試合をしたばかりなのに・・
あの体力は超人的!
体力もすごいけど、最後まで集中力を保ち続けるあの精神力
だれかもいってたけど、たんにテニスプレーヤーとしてだけでなく
グレートヒューマンといったほうがいいのかもしれない。
どこまで進化をしていくのか。ファンの想像もつかないところへとたどりつこうとしているのかもしれない。。

表彰式のとき
準決勝、決勝とハードな闘いを制したナダルが感極まって
もしかしたら涙を流すのでは・・・
とおもっていたのだけど
なんと、泣いたのは負けたフェデラーのほう。
表彰台の上で、号泣。
それを見ていたナダルまでが、申し訳なさそうな悲しそうな表情になり
フェデラーの肩に手をまわし声をかける。
この二人のプレーもいいのだけど、こういうライバルだけど
お互いをおもいやる友情のようなものが、またいいなぁとおもえる。
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


死闘!5時間14分!!

2009/01/31 17:48


これぞ、まさしく魂と魂の戦いというに相応しい、ものすごい試合だった。
昨年のフェデラーとのウインブルドンと並ぶ、名勝負の1つといえるだろう。
それにしても、ナダルという選手は、テニスもすごいけど、メンタリティーも驚異的に強い!
2005年の全仏で初めて試合をみたときから、それは感じてたけど
今回また改めて実感させられた。。

ベルダスコはナダルに打ち勝ってた。
その証拠にベルダスコのウィナーはナダルの倍。
でも、アンフォースドエラーはナダルの3倍。
ショットではベルダスコが勝ってたけど。集中力でナダルが勝っていたか。
それにしても、5時間を超す長時間戦い続ける体力もすごいけど
それだけの間集中力を持続させられるのも、これまたすごいことだ。
わずか数十分の試合の中でも集中力がふっと途切れてしまうことがある自分
その瞬間に、バシッとやられてしまうのだから
いかに集中力を保ち続けることが大切か。
ナダルをほんの少しでもいいからみならいたいものだ。

明日はまたまた、フェデラーvsナダルの夢の対決。
あれだけの消耗戦を闘い、中1日のナダルは圧倒的に不利だけど
なんとか体力を回復させて、またいい試合をみせてほしいものだ。
でも、ナダルの体は膝は、大丈夫かな。ちょっと心配。。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


杉山&ハンチュコバ、全豪オープン決勝進出!

2009/01/29 14:07


ついに決勝進出ですね!
相手は、ウイリアムス姉妹になるのでしょうか。
どちらになっても、今の杉山&ハンチュコバペアはとても強いから
きっといい試合になるでしょうね。
前回の、No1ペアとの試合は、最初から目が離せなくて
最後のタイブレーク2−6からの大逆転は、信じられなかった・・・
あの時の粘れがあれば、優勝も夢ではないでしょう。

がんばれ!愛ちゃん!!

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


錦織圭、ガスケに敗れる!

2008/10/03 13:12


ガスケ強かったけど、それよりもむしろ
圭君が、本来の調子でなかったことが大きかったんでしょうね。
1、2回戦ではなかったような、ミスも多かったし。。
勝ちも負けも、いろいろ経験して、これからまた強くなっていってほしい。
それにしても、テニスって、ほんとにメンタルな部分がすごい影響するんだなあと改めて実感。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


AIGオープン 錦織君2回戦突破!

2008/10/02 13:04


おめでとう〜!
さあ、つぎはガスケと。生でみられる人がうらやましい!

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Roger is still Roger.

2008/09/09 12:09


全米オープン男子決勝戦は、ロジャー・フェデラーの
圧倒的な勝利で終わりました。
ナダルがブログに書いていたとおり、やはり、ロジャーはやっぱりロジャーでしたね(笑)
それにしても、準決勝、決勝戦のフェデラーは、ほんとに強かった!
今年は、全豪から全英まで、1つもタイトルがとれず、オリンピックもダブルス以外は振るわず。
もうフェデラーもこれまでか・・と心配されましたが、これでまた、来年からが楽しみになりました。
また、ナダルとのすごい試合がみられるかも=*^-^*=

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ナダルが負けた!

2008/09/08 22:23


全米オープン準決勝
ナダルVSマレー
セットカウント 1−3 でナダルが負けた!

雨のために2日間にかけて行われたこの試合
最初の日は、ナダルの調子が悪いなぁとおもったけど
2日目の今日は、とくに立ち上がりはとてもよかった。
これならいけるかも・・・と期待したのだけど
マレーがどんどん調子をあげてきて
すごいサーブに、神がかり的なすごいショットを連発。
ナダルが追い込んだかとおもうようなバックハンドのストロークにも
しっかりとおいついて、さらに倍返しのようなスーパーショットをかえしてきて・・
ナダルが悪いというよりは、マレーがすごかったといったほうがいいのかも。

フェデラーVSナダル の決勝戦がみられなかったのは、残念!
(フェデラーもそうおもっているのかも。絶好調のフェデラーは、ここでウインブルドンの
雪辱を果たしたいとおもっていたのでは・・?!)

明日の決勝戦は、フェデラー応援でいくことにしよう。
フェデラーにもまだがんばってほしいからね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


次は準決勝 マレーと!

2008/09/04 22:40


第1セット、フィッシュのサーブがものすごく速くって
しかもすごい確率で入ってきて、ビビった。
でも、さすがナダル!第2セット、フィッシュの第1サーブが入らなくなってきたら
すかさず反撃開始。その後の3セット連取して、危なげなく勝利をものに。

マレーとデルポトロの因縁対決は、マレーの勝利。
次はマレーとの対決。
以前の試合では、ナダルが勝ってるけど、マレーも絶好調のようだから
油断はできない。
がんばって、決勝にすすんでほしい。
ボトムハーフのほうは、やはり絶好調のロディックになるんだろうか。
できれば、またナダルvsフェデラーがみたいんだけど・・
明日の準々決勝の行方も気になるところ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

Tennis News File/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる